A.1 アナキズムとは何か?

アナキズムとは、アナーキー、つまり『支配者や君主のいない状態』の創造を目指す政治思想である [P-J Proudhon, What is Property, p.264]。言い替えれば、「個人が平等な立場で自由に協力する社会」の創造を目指す政治思想である。アナキズムは、国家による支配であれ資本家による支配であれ、ヒエラルキー支配のあらゆる形態に反対する。それは不必要なだけではなく、個人や個性にとって有害なのである。
 アナキスト、L=スーザン=ブラウンの言葉:

 アナキズムは、一般には「暴力的な反国家運動」だと理解されている。だが、アナキズムは単なる「政府権力への反対」という意味を越えた遙かに深いニュアンスを持っているのだ。アナキストは、「社会には権力や支配が必要だ」という考え方に反対なのである。そして、そのかわりに協同的で反ヒエラルキー的な社会・経済・政治の組織形態を提唱するのである。[The Politics of Individualism, p106]

 しかし、「アナキズム」や「アナーキー」が、最も誤解されている政治思想であることは間違いない。一般的にこれらの言葉はカオスや無秩序の意味で使われているし、そのため当然アナキストも、カオスや「弱肉強食の法則」への回帰を目指しているものとも思われている。
 こうした誤解のプロセスは、歴史的にも例がないわけではない。例えば、一人による支配(専制支配)が必要と考えられていた時代や国があった。そこでは、「共和主義」や「民主主義」という言葉が、まさに「アナーキー」という言葉と同じように「無秩序」や「混乱」を意味するものとして使われてきた。既得権があって現状を維持したい人々は、「現在のシステムに反対したってうまくいくわけはない。新しい社会の形態なんてカオスになるに決まっている」と言いたいのである。それについて、エンリコ=マラテスタは次のように表現している。

 政府の支配は必要であり、無政府状態は無秩序と混乱をひきおこすだけだ、と皆が考えているのだから、無政府を意味するアナーキーが、無秩序に聞こえるのは当然で、無理もないことだ。[Anarchy, p12]

 アナキストたちは、「アナーキー」に対するこのような常識を変えたいと願っている。人々に、政府や他のヒエラルキー的な社会関係が、有害で不必要であることをわかってもらいたいのだ。

 考えを変えよう。政府の統治は不必要なだけではなく、非常に有害であるということ、アナーキーという言葉は無政府を意味するが、それが誰にとっても有意義な言葉になるということを、人々に悟らせよう。それは、自然な秩序、個人の必要と全員の利益の一致、完全な団結のなかでの完全な自由を意味するのだ。[前掲書, pp.12-13]

 このFAQは、アナーキーの意味やアナキズムについて一般に普及している誤った考えを変えるプロセスの一部なのである。

A.1.1 「アナーキー」は何を意味するのか?

 「アナーキー」という言葉は、「ギリシア語」で「not」や「without」を意味する接頭辞「a」と、「支配者」「指導者」「長」「責任者」「指揮官」を意味する「archos」を組合わせた言葉である。ピョトール=クロポトキンは次のように述べている。『アナーキーは「権力に反対する」という意味のギリシア語に由来する。』 [Anarchism, p. 284]
 ギリシア語でanarchosとanarchiaは「政府を持たないこと」もしくは「政府が無い状態」を意味すると受け取られることが多い。お分かりだろうが、アナキズムの厳密で元々の意味は、単に「政府がない」というだけではない。An-archyは「支配者がいない」もしくはもっと一般的に「権力がない」という意味であり、この意味でアナキストはこの言葉を使い続けてきた。例えば、クロポトキンはアナキズムは『資本だけでなく、資本主義権力の基盤である法律・権力・国家を攻撃する』と主張している[前掲書, p. 150]。アナキストにとって、アナーキーは、『必ずしも、一般に思われているような秩序がないという意味ではなく、支配がない』ことを意味している [Benjamin Tucker, Instead of a Book, p. 13]。従って、デヴィッド=ウェイクは次のように上手くまとめているのである。

 アナキズムは、あらゆる権力・君主・支配・ヒエラルキーを否定し、それらを解消しようとする社会・政治思想をまとめたものだと理解できよう。従って、アナキストの批判は確かに政府(国家)への批判が中心となるが、単なる反国家主義ではないのだ。[Reinventing Anarchy, p.139]

 したがって、アナキズムは、単なる反政府や反国家の運動というより、主にヒエラルキーに反対する運動なのである。なぜか?それは、ヒエラルキーが権力を構成する具体的な組織形態だからだ。国家はヒエラルキーの最高形態だから、アナキストが反国家なのは当然だが、反国家だけではアナキズムの定義としては不充分なのである。これは、本当のアナキストは国家だけではなく、ヒエラルキーのあらゆる形態に反対するということを意味している。ブライアン=モリスを引用しよう。

 アナーキーという言葉はギリシャ語に由来し、本質的には「支配者がいない」ことを意味する。アナキストは、あらゆる政府形態や強制的権力、あらゆるヒエラルキーや支配の形態を拒絶する人々である。従って、メキシコのアナキスト、フローレス=メーゴンが、国家・資本・教会の「邪悪な三位一体」と呼んだものに反対しているのである。だから、アナキストは、資本主義と国家に反対するだけでなく、あらゆる宗教権力形態にも反対なのである。しかし、アナキストは同時に、様々な手段を使って、アナーキーの状態を確立したりもたらそうとしたりしている。アナーキーの状態とは、抑圧的諸制度のない分権型社会、自発的結びつきの連合を通じて組織された社会なのである。["Anthropology and Anarchism," pp. 35-41, Anarchy: A Journal of Desire Armed, no. 45, p. 38]

 このような文脈で「ヒエラルキー」に言及するのは最近の傾向である。プルードン・バクーニン・クロポトキンらの古典的アナキストたちは、この言葉をあまり使わなかった(彼らはたいてい「権力」(Authority)という言葉を用いたが、これは「権力主義・権威主義」(Authoritarian)を短縮したものである)。しかし、彼らがヒエラルキーに反対し、力の不平等や個人の特権に反対する哲学を持っていたことは、彼らが書いたものを読めばすぐに分かる。バクーニンはこのことについて、「公」権力を攻撃し「自然な影響」を擁護したときにも語っているし、次のようにも言っている。

 仲間を抑圧することが出来ないようにしたいか?それならハッキリさせるべきだ。誰も権力(power)を持つべきではないのだ。[The Political Philosophy of Bakunin: Scientific Anarchism, p.271]

 ジェフ=ドラハン(Jeff Draughn)は次のように書いている。『反ヒエラルキーという広範な概念は、これまで革命運動(project)では常に表には出てこなかった。最近になって初めて、詳しく研究され、使われるようになったのである。しかし、ギリシア語の「アナーキー」の語源にもこの意味が見られることは明らかである。』 [Between Anarchism and Libertarianism: Defining a New Movement]
 アナキストは、ヒエラルキーに反対しているのであって、国家や政府だけに反対しているのではないということを、私たちは強調したい。ヒエラルキーには、政治的関係だけではなく、権力的な経済関係や社会関係、特に私有財産と賃労働に関係するものも含まれる。これはプルードンの以下のような主張にも見られる。『資本は、政治分野における政府と似ている。資本主義の経済思想・政府や権力の政策・教会の神学思想はまったく同じ思想であり、様々な形で繋がっている。それらの一つを攻撃することは、それらすべてを攻撃することと同じである。資本が労働に対して行うこと・国家が自由に対してすること・教会が魂に対して行うこと、この絶対主義の三位一体は、哲学的にだけでなく、実践的にも有害なのである。民衆を抑圧する最も有効な手段は、民衆の肉体・意思・理性を同時に奴隷化することなのである。』 [Max Nettlauによる引用, A Short History of Anarchism, pp.43-44] エマ=ゴールドマンは以下のように資本主義に反対している。資本主義は『人間が自分の労働を売らなければならない』という意味である。つまり、『その人の意向と判断は、主人の意思に従属する』という意味なのだ [Red Emma Speaks, p. 50]。40年前、バクーニンは、次のように論じて同じことを指摘していた。現行システム下では、賃金と引き換えに資本家に対して『労働者は自己の人格と自由を一定時間売却している。』 [前掲書, p.187]
 したがって「アナーキー」は、単なる「無政府」だけではなく、あらゆる形態の権力的組織やヒエラルキーが存在しないことを意味するのである。クロポトキンの言葉を挙げよう。『社会におけるアナキズムの起源は、ヒエラルキー組織や権威主義的社会概念への批判、そして、人類の進歩運動に見られる諸傾向の分析(にある)。』 [Kropotokin's Revolutionary Pamphlets, p.158] マラテスタにとって、アナキズムは『社会的不公正に対する道徳的反抗のなかで生まれた。』そして、『社会的病理の原因』は、『資本主義的財産と国家』だと考えられる。抑圧されている人々が『国家と財産双方を転覆しようとした』とき、『アナキズムはそのときに生まれたのだ。』 [Errico Malatesta: His Life and Ideas, p.19]
 つまり、アナーキーは純粋に反国家であるという主張は、この言葉を、そして、アナキズム運動がこの言葉を使用してきた方法を誤解しているのである。ブライアン=モリスは次のように論じている。『古典的アナキストの著作を吟味すればまったく明白になるのだが、この(単に国家に反対するのだという)限定されたヴィジョンなど一度もなかったのだ。アナキズムは、あらゆる形態の権力・搾取に常に挑戦し、国家に対してだけでなく、資本主義と宗教にも同じぐらい批判的だったのである。』 [前掲書, p. 40]
 アナーキーはカオスを意味するものではないし、アナキストはカオスや無秩序を希求しているのではない、ということをはっきり言っておかなければならない。そうではなく、私たちは、個人の自由と、自発的な協力に基づく社会を作りたいと考えている。言い替えれば、権力からのトップダウンによって負わされる無秩序ではなく、ボトムアップによる秩序を求めているのである。

A.1.2 「アナキズム」は何を意味するのか?

 クロポトキンを引用すると、アナキズムは『政府のない社会主義システム』である [Kropotokin's Revolutionary Pamphlets, p.46]。言い替えれば『人による人の搾取と抑圧の廃止、つまり、私有財産(すなわち資本主義)と政府の廃絶である。』[Errico Malatesta, "Towards Anarchism," p.75]
 ゆえに、アナキズムは、政治的・経済的・社会的なヒエラルキーのない社会の創造を目指す政治思想である。支配者がいない「アナーキー」は実現可能であり、それは「個人の自由」と「社会の平等」を最大にする社会システムである。自由と平等というゴールは「互いに自立し合うこと」である、とアナキストは考えているのだ。また、バクーニンの有名な金言に次のようなものがある。

 社会主義なき自由は、特権と不公正である。また、自由なき社会主義は、奴隷制度と暴政である。[The Political Philosophy of Bakunin, p.269]

 人間社会の歴史がこの点を証明している。平等なき自由は強い者だけの自由だし、自由なき平等は、奴隷制度を正当化する口実以外の何物でもない。
 一口にアナキズムといっても、そこには様々なタイプがあるが (個人主義的アナキズムから共産主義的アナキズムまで、セクションA.3に詳述)、その核心には二つの共通点がある。政府への反対と資本主義への反対がそれだ。個人主義的アナキスト、ベンジャミン=タッカーは言う。アナキストは『国家の廃止と不当な利得の廃止を主張する。人による人の支配も、人による人の搾取もやめなければならない。』 [Eunice Schuster, Native American Anarchism, p.140で引用] アナキストは皆、利潤・利息・地代家賃を不当な利得(つまり搾取)とみなしており、政府や国家と同様に、それを作り出す状況に反対している。
 L=スーザン=ブラウンはより広い意味で次のように言う。『アナキズムの中にある連帯の精神は、ヒエラルキーと支配に対する全般的な批判であり、個人の自由のために喜んで戦う意志の現れである。』 [The Politics of Individualism, p.108] 国家や資本家の権力に服従させられていては、人は決して自由にはなれないとアナキストは考えているのだ。ヴォルテリーン=デ=クライアーは以下のように要約している。

 アナキズムは、次のような社会の可能性を教えてくれる。生活必需品が十全に万人に与えられ、精神と肉体の完全な発達の機会が万人に与えられ続ける社会である。現在は、富の生産と分配の組織が不平等になっているが、これは、最終的に完全に破壊されねばならず、個々人に労働の自由を保証するシステムに置き換わらねばならない。労働の自由とは、労働の産物の10分の1を税金として貢ぐことになる主人をまず最初に捜す自由などではない。労働の自由は、生産資源と生産手段に自由に接することを保証するのである。盲目的服従を止めて、不満を言おう。無意識の不満を止めて、意識的に不満を持とう。アナキズムは抑圧の意識をかき立て、よりよい社会を求めた願望を惹起し、資本主義と国家に対して止む事なき戦争が必要だという感覚を奮起させようとしているのである。 [Anarchy! An Anthology of Emma Goldman's Mother Earth, pp. 23-4]
 

よって、アナキズムは、アナーキー、つまり「支配者がない」という原則に基づいた社会の建設を提唱する政治思想なのである。そのため、『社会主義者と同じように、アナキストも次のように考える。土地・資本・機械の私的所有の時代は終わった。私的所有は消え去る運命にある。生産に必要な手段は社会の共有財産となり、生産者の手によって運用されなければならない。政府の機能は必要最小限に縮小するのが、社会の政治組織として望ましい在り方である。社会の最終目的は、政府の機能をゼロにもっていくこと、すなわち、政府のない社会、アナーキーまでもっていくことである。』[Peter Kropotokin, 前掲書, p.46]
 したがって、アナキズムはポジティブでもあり、ネガティブでもあるのだ。それは、現在の社会を分析・批判すると同時に、新しい社会のヴィジョン、現在の社会が否定している人間の欲求を最大限保証する社会ヴィジョンの可能性を示しているのである。こうした欲求とは、人間にとって最も基本的な自由・平等・連帯であるが、これらについてはセクションA.2で論じる。
 アナキズムは批判的な分析を希望へと結びつける。バクーニンは「破壊への衝動は創造への衝動である」と指摘している。今の社会の悪い点を理解せずに、より良い社会の建設は出来ないのだ。

A.1.3 アナキズムはなぜリバータリアン社会主義とも呼ばれるのか?

 「アナキズム」という言葉にはネガティブな響きがあるので、ポジティブで建設的な面を強調するために、これまで多くのアナキストが別の言葉を用いてきた。最もよく使われたのが「自由社会主義」「自由共産主義」「リバータリアン社会主義」「リバータリアン共産主義」だった。アナキズムとリバータリアン社会主義・リバータリアン共産主義は、アナキストにとっては事実上、同じ意味である。
 「アメリカン=ヘリテイジ辞典」を引いてみよう。

リバータリアン: 思考と行動の自由を信じる人、自由な意志を信じる人。
社会主義   : 生産者が、政治権力と生産・流通手段の両方を所有する社会システム。

 上記の二つの定義を、一つにすると以下のようになる:

リバータリアン社会主義: 思考と行動の自由・自由な意志を信じ、生産者が、政治権力と生産・流通手段の両方を所有する社会システム。

 (辞書は政治思想には無知であるという、いつものコメントをするべきだろうが、ここでは辞書を使って、「リバータリアン」は「自由市場」資本主義を意味しないし「社会主義」は国家所有を意味しないということを示しただけである。他の辞書では別の定義をしているかもしれない。特に社会主義については。辞書による定義について政治的に不毛な果てしない道楽をここでするつもりはない。したい人はご自由にどうぞ。)
 ところが、アメリカで「リバタリアン党」が作られて以来、「リバータリアン社会主義」という言葉は矛盾している、と考える人が多くなったようだ。多くのリバタリアン党員は、アナキストは「リバタリアン思想」に「社会主義」という「反リバタリアン」思想を結びつけて「社会主義」思想を受け入れ易くしようとしている、と考えている。つまり、アナキストが「正当な所有者」から「リバータリアン」の看板を盗もうとしている、と言いたいらしい。
 これほど事実からかけ離れた言いがかりはない。アナキストは、自らの思想を表現するために、1850年代から「リバータリアン」という言葉を使い続けている。1858年から1861年まで、革命的アナキストのジョセフ=デジャックはニューヨークで「ル=リベルテール、社会運動ジャーナル」を発行しており、その一方で、「リバータリアン共産主義」という言葉の使用は、1880年11月にフランスのアナキスト会議がこの言葉を採用したときにまで遡ることができる [Max Nettlau, A Short History of Anarchism, p.75 and p.145]。「リバータリアン」という言葉がさらによく使われるようになったのは、反アナキストの法律を回避するため、そして「アナーキー」という言葉の否定的なイメージを避けるために1890年代のフランスで使われてからである(例えば、1895年に、セバスチャン=フォールとルイズ=ミッシェルはフランスで ル=リベルテール紙を発刊した)。それ以来、特に米国以外では、リバータリアンは、アナキストの思想や行動と常に結び付けて使われてきたのである。最近の米国の例を挙げれば、1954年7月にアナルコサンジカリズムを堅持するリバータリアン連盟が結成され、1965年まで存続していた。それに対し、「リバタリアン」党が登場したのは1970年代初頭であり、それは、アナキストが自分の政治思想を述べるために初めてその言葉を使ってから100年以上後(「リバータリアン共産主義」が採用されてから90年ほど後)である。言葉を「盗んだ」のはアナキストではなく、そっちの党の方である。後のセクションBで、(リバタリアン党が希求している)「リバタリアン資本主義」という思想がいかに矛盾しているかを示そう。
 セクションIでは、「リバータリアン社会主義」の所有システムだけが、個人の自由を最大にすることを説明する。言うまでもないが、現在「社会主義」と呼ばれている国家所有は、アナキストに言わせれば社会主義でも何でもない。セクションHでは、国家の「社会主義」は資本主義の一変種であって、社会主義的な内容を少しも持たない代物であることを詳しく述べよう。
 「リバータリアン」という言葉がアナキズムに由来していることを考えれば、我々の思想と殆ど共有する部分のないイデオロギーにこの言葉を盗まれて喜んでいるアナキストは殆どいない。米国では、マレイ=ブクチンが述べているように、『「リバータリアン」という言葉それ自体は、確かに、問題となっている。とりわけ、「純然たる資本主義」や「自由貿易」と、戦闘的運動を伴う反権力主義イデオロギーとを見かけ上同じにしているのである。リバタリアン運動がこの言葉を創ったわけではない。19世紀のアナキズム運動から盗んだのだ。従って、この言葉は反権力主義者によって再生されねばならない。反権力主義者は、金儲け主義と自由を同一視している個人的利己主義者を代弁するのではなく、支配されている人々全体を代弁しようとしているのである。』つまり、米国のアナキストは、自由市場右翼『に変質させられた伝統を実際に取り戻』さねばならないのである [The Modern Crisis, pp. 154-5]。そのようにするために、我々は、自分達の思想をリバータリアン社会主義と呼び続けるのである。

A.1.4 アナキストは社会主義者なのか?

 イエス。どんな種類のアナキズムも、全て資本主義に反対である。資本主義が「支配と搾取」を基本としているからだ(セクションB、C参照)。『人間は、生産物の上前をはねる奴隷主がいないと、共に働くことは出来ないという考え』に、アナキストは反対する。アナキストの社会では『実際の労働者は自分たちの規律を持ち、物事はいつ・どこで・どのようになされるべきかを自分たちで決められる』と考えられている。そうすることによって、労働者たちは『資本主義におけるひどい奴隷状態』から解放されるのである。[Voltairine de Cleyre, Anarchism, p.32 and p.34]
 (ここで強調しなければならないが、アナキストは、封建主義・ソヴィエト型「社会主義」--国家資本主義と呼んだ方が良いのだが--・奴隷制度といった支配と搾取に基づいたあらゆる経済形態に反対である。ここで資本主義を集中して論じるのは、それが現在世界を支配しているものだからに過ぎない。)
 プルードン・バクーニンなどの社会的アナキストと同様、ベンジャミン=タッカーのような個人主義者たちも、自分たちは「社会主義者」だと主張している。その理由について、クロポトキンは古典的エッセイ「近代科学とアナキズム」で次のように述べている。『社会主義が幅広く包括的な真の意味で--資本による労働の搾取を廃絶する試みだとして--理解されていた間、アナキストはその時代の社会主義者と手に手を取って行進していた。』[Evolution and Environment, p. 81] タッカーの言葉を引用すれば、『社会主義の根底には、労働者は自身の労働を所有する立場にいなければならないという主張があり』、『二つの社会主義学派、国家社会主義もアナキズムも』どちらもこの主張を認めている [The Anarchist Reader, p. 144]。つまり、「社会主義者」という言葉の元々の意味には、『自分の作った物は自分の物である、という個人の権利を信奉する人々』が含まれているのである[Lance Klafta, "Ayn Rand and Perversion of Libertarianism," in Anarchy: A Journal of Desire Armed, no.34] 搾取(や高利貸し)に対する反対は、真のアナキストなら皆が共有しているものであり、だから、アナキストは社会主義の旗の下に身を置いているのである。
 大部分の社会主義者にとって、『自分の労働の果実を確実に盗まれないようにする唯一の方法は、労働の手段を所有することである。』[Peter Kropotkin, The Conquest of Bread, p. 145] この理由から、例えばプルードンは労働者協同組合を支持し、次のように述べていた。『協同組合にいる全ての人は、その事業の所有物を全面的に共有する。』なぜなら、『経営に参加する』ことで、『集団の力で生み出されたもの(つまり、剰余)が、少数経営者の利益の源泉にならなくなる。全労働者の所有となるのである。』[The General Idea of the Revolution, p. 222 and p. 223] つまり、真の社会主義者は、資本による労働の搾取を終わらせることを望むだけでなく、生産者が生産手段を所有し管理する(強調しなければならないが、これにはサービス提供をしている仕事場も含まれる)社会を望むのである。アナキストと他の社会主義集団とでは、生産者がこのことを行う手段について見解が異なっているが、この願望は共通のままである。アナキストは、管理は労働者が直接行い、所有は労働者協会やコミューンのどちらかが行うことが望ましいと考えている(アナキズムの種類については、セクション A.3を参照)。
 それ以上に、アナキストは資本主義を、搾取的であると同時に権威主義だとして拒絶するのである。資本主義の下で、労働者は生産過程の中で自分自身を統治していないし、自分の労働の産物に対する管理もしていない。こうした情況は、万人に平等な自由に基づいてはいないし、非搾取的になる可能性もない。だから、アナキストは反対するのである。この観点はプルードン(タッカーとバクーニンを刺激した)の著作に最も良く見ることが出来る。この著作で、彼はアナキズムについて次のように主張している。アナキズムでは『あらゆる場所で資本主義と所有(proprietary)による搾取が終わり、賃金システムが廃絶される。』なぜなら、『労働者は、所有者-資本家-興行主に単に雇われるか、参画するかのどちらかである。最初の場合、労働者は隷属し搾取される。服従的な社会地位が変わることはない。第二の場合、労働者は人間・市民としての自分の尊厳を回復し、生産組織を結成するのである。労働者は以前は奴隷以外の何者でもなかった。躊躇してはならない。我々に選択肢などないのだ。労働者の間で「組織」を作らねばならないのである。それがなければ、労働者は支配される側とする側との関係が続き、主人と賃金労働者という二つのカーストを保証することになる。自由で民主的な社会にとってこのカーストは不快なのである。』[前掲書, p. 233 and pp. 215-216]
 したがって、アナキストは皆、反資本主義者である(『労働が生み出す富を労働が所有するならば、資本主義はなくなるだろう』 [Alexander Berkman, What is Anarchism?, p. 44])。例えば、最も自由主義の影響を受けたアナキスト、ベンジャミン=タッカーは、自分の思想を『アナキスティック社会主義』と呼び、資本主義を『高利貸し、利子・家賃・利潤の受取人』に基づいたシステムだとして非難する。資本主義ではない自由市場アナキズム社会では、『労働が、自然な賃金と全ての生産物を獲得するので』資本家は不必要な余計者になると、タッカーは考えた。その経済は、消費組合・職人・農民間の生産物の自由交換と、人民相互銀行を基礎にしている。エゴイストの第一人者マックス=シュティルナーでさえ、資本主義とその「幽霊たち(spooks)」を軽蔑していた。シュティルナーに言わせれば、私有財産・競争・労働の分業などの観念は、神聖なものとして崇められる幽霊に過ぎなかった。
 だから、アナキストは自分たちをある種の社会主義者、リバータリアン社会主義者と考えているのである。個人主義アナキストのジョセフ=A=ラバディは次のように言う。(タッカーとバクーニンも繰り返し述べている)

 アナキズムは社会主義ではないと言われているが、これは間違いである。アナキズムは自由意志に基づく社会主義(Voluntary Socialism)なのである。社会主義には2種類あるのだ。強権的(archistic)社会主義と無強権的(anarchistic)社会主義、権力主義的社会主義とリバータリアン社会主義、国家の社会主義と自由な社会主義である。どんな社会改良の提案も、個人に対する圧力や外部意志の力を増やすか減らすかのどちらかになる。増やすのが強権的(archistic)、減らすのが無強権的(anarchistic)なのだ。[Anarchism: What It Is and It Is Not]

 ラバディは幾度も次のように述べていた。『全てのアナキストは社会主義者であるが、全ての社会主義者がアナキストであるわけではない。』従って、ダニエル=ゲランは次のように述べているのである。『アナキズムは、実際、社会主義の同義語なのだ。アナキストはまず第一に社会主義者であり、その目的は人間による人間の搾取を廃絶することである。』[Anarchism, p. 12]このコメントは、社会派であろうと個人主義派であろうと、アナキズム運動史を通じて何度も繰り返されている。実際、ヘイマーケットの犠牲者、アドルフ=フィッシャーも、ラバディと殆ど同じ言葉を使って同じ事実を表現している。『全てのアナキストは社会主義者であるが、全ての社会主義者は必ずしもアナキストではない。』同時に、アナキズム運動について次のように認めていた。運動は『二つの派閥に分かれている。共産主義アナキストと、プルードンや中産階級のアナキストである。』[The Autobiographies of the Haymarket Martyrs, p. 81]
 社会的アナキストと個人主義的アナキストでは、多くの問題で意見を異にしている。たとえば、自由市場(free market)が、自由(lieberty)を最大にする最高の手段なのかどうか、等だ。しかし、資本主義に反対であること、アナキストの社会は、賃金労働ではなく協同労働(associated labour)に基づかなければならないことの二点では、一致している。協同労働だけが、労働時間中の個人に対する圧力や外部意志の力を減らす。そのような労働の自主管理こそが、本当の社会主義の理想の姿なのである。この観点はジョセフ=ラバディが次のように論じていたときにも見ることが出来る。労働組合は『組織を作ることで自由を獲得する良い例である。』そして、『組合無しには、労働者は、組合があるときよりも遙かに雇い主の奴隷になるのである。』[Different Phases of the Labour Question]
 だが、時の流れと共に言葉は変化してしまう。今日では、「社会主義」と言えば、自由と「本来の社会主義の理想」を否定する、国家の社会主義を意味するものになってしまった。ノーム=チョムスキーがこの問題について言っている言葉に、アナキストなら誰もが同感であろう。

 もし、左翼がボルシェビキを含むものと解されるのなら、私は左翼とはきっぱり決別しよう。レーニンは、社会主義の最大の敵の一人だったのだ。[Marxism, Anarchism, and Alternative Futures, p. 779]

 アナキズムは、マルクス主義・社会民主主義・レーニン主義にずっと反対し続けてきた。レーニンが権力を握るよりはるか以前に、バクーニンは『赤い官僚政治』の危険について、マルクスの弟子たちに警告している。もし、マルクスの国家的社会主義思想が実現すれば、それは『あらゆる専制政府の中で最悪のもの』になるであろう、と。
 しかしアナキストは(基本的には)社会主義者なので、マルクス主義と共通の考えもいくつかある。(レーニン主義と共通なものは全くない)バクーニンとタッカーは、マルクスの資本主義に対する分析・批判や、労働価値説を認めている。(セクションC参照) マルクス自身はマックス=シュティルナーの著作、唯一者とその所有に大きな影響を受けていた。マルクスが「粗野」な共産主義と呼んだものや、国家の社会主義に対する見事な批判が、その本には書かれているのである。マルクス主義者の運動の中にも、社会的アナキストの見解(その中でも特にアナルコサンジカリスト)によく似た要素が存在する。例えば、アントン=パネクーク、ローザ=ルクセンブルク、ポール=マティックなどの人達は、レーニンとは全く異質だ。カール=コルシュなどは、共感を持ってスペインのアナキズム革命について書いている。マルクスからレーニンまで多くの連続した繋がりがあるが、マルクスからもっとリバータリアン的なマルクス主義者への連続的繋がりもある。こうしたリバータリアン的マルクス主義者は、レーニンとボルシェヴィズムを厳しく批判しており、その思想は平等者の自由連合を求めたアナキズムの願望に近いのである。
 以上見てきたように、アナキズムは基本的に社会主義である。ただし、今日、一般的な意味で使われる「社会主義」(つまり国家統制の社会主義)とは、真っ向から対立する社会主義なのである。アナキストは、多くの人々が「社会主義」という言葉に関連させている「計画経済」の代わりに、個人・労働現場・共同体間の連合と協力を提唱し、国家資本主義の変種である「国家」社会主義に反対する。国家社会主義では『全ての人が賃金受給者になり、国家だけが賃金支払者になるのだ。』[Benjamin Tucker, The Individualist Anarchists, p. 81] 従って、アナキストは、『巨大な社会党内の社会民主主義党派が、現在、社会主義を資本家としての国家という考えに還元させようとしている』が、それと同じだとしてマルクス主義を拒絶するのである [Peter Kropotkin, The Great French Revolution, vol. 1, p. 31]。マルクス主義が「中央指令型経済」・国家社会主義や国家資本主義を社会主義と同一視していることに対するアナキストの反論は、セクションHで論じる。
 国家社会主義者とのこうした違いのため、そして、混乱を避けるため、大部分のアナキストは自分を単に「アナキスト」と呼んでいるのである。アナキストが社会主義者であるなど当たり前だと考えているのである。しかし、米国のいわゆる「リバタリアン」右翼の出現とともに、資本主義賛同者の中に、自分自身を「アナキスト」だと呼ぶようになった人々がいる。このために、ここでこの点を詳しく論じたのである。歴史的にも論理的にも、アナキズムは反資本主義、つまり社会主義なのであって、これは全てのアナキストが同意していることなのだと強調しておきたい(何故「アナルコ」キャピタリズムがアナキズムではないのかに関する十全な議論は、セクションFを参照して欲しい)。

A.1.5 アナキズムはどこから生まれて来たのか?

 アナキズムはどこから生まれて来たのか。それに答えるには、ロシア革命(セクションA.5.4参照) で、マフノ主義運動に参加した人々が作った「リバータリアン共産主義者の組織綱領」を引用するのが最も良いだろう。

 労働者の奴隷化が生み出した階級闘争、そして、労働者の自由への熱望。これらが抑圧の中でアナキズム思想を生んだ。アナキズムは、階級原理と国家原理に基づく社会システムを全否定し、そのシステムを労働者が自主管理する自由な非国家主義社会で置き換える思想である。
 従って、アナキズムは知識人や哲学者の抽象的考えからは生まれたのではない。労働者による資本主義との直接闘争から、労働者のニーズと必要物から、自由と平等への熱望から生まれたのである。労働者大衆の生活と闘争が英雄的な時代に、この熱望は特に生き生きしたものになる。
 傑出したアナキズム思想家、バクーニンやクロポトキンといった人々がアナキズム思想を発明したわけではない。彼らは、大衆の中にアナキズム思想を見い出し、自分の長所である思考と知識を使ってその思想を書き記し、広める手助けをしただけなのである。[pp.15-16]

 アナキスト運動一般がそうだが、マフノ主義者も労働者階級の大衆運動であり、1917年から1921年の間、ウクライナで、赤軍(共産党)と白軍(ツァーリズム/資本主義)双方の権威主義勢力に抵抗した。『伝統的に、アナキズムの主な支持者は、労働者・農民であった』とピーター=マーシャルは書いている。[Demanding the Impossible, p.652]
 アナキズムは、抑圧された側が自由を求めて闘争する中で、そして、その闘争をすることによって創られたのである。例えば、クロポトキンにとって『アナキズムは日常闘争に起源を持っていた』そして『何か大きな実践的教訓に影響を受ける度に、アナキズム運動は新しくなった。アナキズムの起源は、生活それ自体の教えにあったのだ。』[Evolution and Environment, p. 58 and p. 57] プルードンにとって、その相互主義思想の『証拠』は、『様々な労働者組織』の『現在の実践、革命的実践』にあり、『こうした組織はパリとリヨンで自発的に形成され、クレジット組織と労働組織とが全く同じ意味だ(ということを示しているのである)。』[No Gods, No Masters, vol. 1, pp. 59-60] 実際、ある歴史家が示しているように、『プルードンの連合的理想とリヨンの相互主義者のプログラムとは非常によく似て』おり、『(思想に)顕著な一致』が見られている。『プルードンが自身の建設的プログラムを整合性を持って明言することが出来たのは、リヨンのシルク労働者の実例があったためではないだろうか。彼が支持した社会主義の理想は、既に、こうした労働者によってある程度まで現実のものになっていたのである。』[K. Steven Vincent, Pierre-Joseph Proudhon and the Rise of French Republican Socialism, p. 164]
 つまり、アナキズムは自由を求めた闘争と、十全な人間的生活、生き・愛し・楽しむ時間のある生活をおくりたいという願望とから生じるのである。生活からかけ離れ、社会を見下ろす象牙の塔にいて、自分の善悪概念に基づいて判断を下す少数の人々が創り出したものではないのである。むしろ、権威・抑圧・搾取に対する労働者階級の闘争と抵抗の産物だったのだ。アルバート=メルツァーは次のように書いている。

 アナキズムそれ自体の理論家などいなかった。アナキズムが、アナキズム哲学の様々な側面を論じる多くの理論家を生み出したのである。アナキズムは行動の中で成立する信条であり続ける。知的思想を実践するといったものではない。よくあることだが、ブルジョア作家は、労働者と農民が既に実践で成し遂げていることに参加し、記録する。そして、ブルジョア歴史家はこの作家を指導者だと見なす。さらに、その後のブルジョア著述家どもが、(このブルジョア歴史家を引用して)これは労働者階級はブルジョア指導者を頼みにしていることを証明するもう一つの実例だと曰うのである。[Anarchism: Arguments for and against, p. 18]

 クロポトキンの目には、『アナキズムはその起源を、大衆の創造的・建設的活動に持っている。それは、過去、人間のあらゆる社会機関の中に実現されていたものと同じものであった。そして、こうした様々な社会的機関の外部で、勢力の代表者たちに対する叛逆の中に実現していたものと同じであった。外部勢力の代表者達は、これらの機関に手を掛け、自分達に都合の良いように利用してきたのである。』もっと最近では、『社会主義一般を生み出したものと同じ批判的・革命的抗議行動がアナーキーを生んだ。』アナキズムは、他形態の社会主義とは異なり、『その冒涜の腕を資本主義にだけでなく、資本主義の支柱である法律・権威・国家に対してもあげるのである。』アナキスト著作者が行ったのは、社会一般が持つ様々な進化傾向の分析だけでなく、闘争を行っている労働者階級の経験から導き出された『(アナキズム)原理の一般的表現とその教義の理論的・科学的基盤を成立させる』ことであった。[前掲書, p. 19 and p. 57]
 だが、社会における様々なアナキズム的傾向と組織とは、プルードンが1840年に筆を執り、自分はアナキストだと宣言する前から存在していた。特定の政治理論としてのアナキズムは資本主義の勃興と共に生まれた(アナキズムは『18世紀の終わりに出現し、資本と国家とを転覆するという二重の挑戦に着手した』[Peter Marshall, 前掲書, p. 4])。しかし、アナキスト著作者は様々なリバータリアン傾向に関して歴史を分析している。例えば、クロポトキンは『いつの時代でも、アナキストと国家主義者がいた』と論じている [前掲書, p. 16]。「相互扶助論 Mutual Aid」(とその他の著作)において、クロポトキンはこれまでの様々な社会が持っていたリバータリアン的側面を分析し、アナキズム組織やアナキズムの側面を(ある程度まで)上手く実践していた社会について言及していた。彼は、「公式の」アナキズム運動が創造される以前の時代に遡り、様々な実例がアナキズム的思想傾向を持っているを認め、以下のように論じた。

 石器時代という最古の時代から、人間は、仲間のうちの数人が私的権限を獲得できるようになると様々な弊害が生じることに気がついていた。その結果、人々は、原始的氏族・村落コミュニティ・中世ギルド・最終的には中世の自由都市の中に、様々な制度を作り出し、自分たちを征服しに来た余所者や同じ一族の中で私的権力を確立しようとしている人々が自分たちの生活と財産を侵害した場合に抵抗できるようにしたのである。[Anarchism, pp. 158-9]

 クロポトキンは、労働者階級民衆の闘争を、こうした昔の民衆組織形態と同じだと見なした。『労働者の団結は、少数者の権力が増加することに対する同じ民衆抵抗の結果であった。この場合は資本家に対する抵抗だったのである。』氏族・村落コミュニティなどもそうであり、1793年の『フランス革命中のパリ「地区」・あらゆる大都市・多くの小規模「コミューン」の著しく独立して自由に連合した活動』もそうであった。[前掲書, p. 159]
 政治理論としてのアナキズムは資本主義と近代国家に対する労働者階級の闘争と自主活動の表現であるが、アナキズム思想は人類の歴史を通じて人間行動の中に何度も表現されてきた。例えば、北米などにいる多くの原住民族は、特定の政治理論としてのアナキズムが存在する数千年前から、アナキズムを実践してきた。同様に、アナキズム的な様々な傾向と組織とは全ての大革命に存在していた。幾つかの具体例を挙げれば、米国革命中のニューイングランド地方のタウンミーティング・フランス革命のパリ「地区」・ロシア革命の労働者評議会と工場委員会がそれである(詳しくは、マレイ=ブクチン著、The Third Revolution を参照)。これは当然のことなのである。既に論じたように、アナキズムが権威に対する抵抗の産物だとすれば、権威を持つ社会はいかなるものであれ権威に対する抵抗を引き起こし、様々なアナキズム的傾向を生み出す(そしてもちろん、権威のない社会はアナキズム的にならざるを得ない)のだから。
 言い換えれば、アナキズムは、抑圧と搾取に対する闘争の表現であり、現行システムの間違いに関する労働者の経験と分析の一般化であり、より良い未来に向けての希望と夢の表現なのである。この闘争は、それがアナキズムと呼ばれるようになる前から存在していたが、歴史的なアナキズム運動(つまり、自分達の思想をアナキズムと呼び、アナキズム社会を目差すグループ)は本質的に、資本主義と国家に反対し、抑圧と搾取に反対し、自由で平等な個々人からなる自由社会を求めた労働者階級闘争の産物なのである。

AttachmentSize
A.1.pdf444.98 KB