Library

The mysterious trial of the POUM—Juan Peiró

A brief polemical article intended for publication in Solidaridad Obrera in November 1938, but suppressed by the government censors of Loyalist Spain, in which one of the leaders of the CNT expresses his outrage at the vindictive kangaroo trial of the leaders of the POUM, and issues a resounding appeal to bring the kidnappers and presumed murderers of Andrés Nin to justice in a real court, and to subject them to real laws and proceedings rather than the extraordinary practices of the secret judicial proceedings of the politically privileged Communist Party, to whom he only refers indirectly and with prudent circumlocutions.

Identity Politics and Class Struggle

Robin D. G. Kelley

Article from 1997 by Robin D. G. Kelley on discussions around identity politics and class struggle. While written twenty years ago it remains relevant to current discussions on the same topic.

Southern Insurgency: The Coming of the Global Working Class - Immanuel Ness

Across the Global South, new methods of combating industrial capitalism are evolving in ambitious, militant and creative ways. Southern Insurgency examines these organizations in three key countries: China, India and South Africa. In each case he considers the broader historical forces at play: imperialism, the trade union movement, the class struggle and the effects of the reserve army of labor. For each case study, he narrows his focus to reveal the specifics of each grassroots insurgency: the militancy of the miners in South Africa, the new labor organizations in India and export promotion and the rise of worker insurgency in China.

訳者ノート 04/06更新

訳者ノート - 無政府資本主義(アナルコ・キャピタリズム)をめぐる論争について、鹿児島県立短大の斉藤悦則さんが詳しい解説を書いている。Webでも読めるので、興味のある方は参照されたい。

付録:アナーキーのシンボル

 アナキズムは、広範で、時として曖昧な政治綱領に対していつも慎重な立場をとっている。その論証は深い。青写真を作ってしまえば、厳格なドグマを創り出すことになり、創造的な反逆魂を窒息させるからだ。同じ方向性に沿い、同じ問題を生じるため、アナキストは他の多くの左翼政治集団に見られる「規律正しい」リーダーシップも拒絶してきた。この論理も重要である。権威に基づいたリーダーシップは、内在的にヒエラルキー的だからだ。アナキストは固定的なものなら何でも忌み嫌うため、シンボルと偶像の重要性も忌み嫌うのだ、ということは論理的に思われる。

5. ボルシェヴィキはソヴィエト権力を本当に目的にしていたのか?

現代のレーニン主義者にとってボルシェヴィキが「ソヴィエト権力」を支持していたことは自明の理であるかのようだ。例えば、レーニン主義者は、ボルシェヴィキが1917年に「全ての権力を諸ソヴィエトへ」というスローガンを使っていたことをその証拠として指摘しようとする。しかし、ボルシェヴィキにとって、このスローガンは、多くの人々がそういう意味だろうと考えていることとは根本的に異なる意味を持っていた。

4. レーニンの「国家と革命」は10月以降に適用されたのか?

 一言で言えば、適用されなかった。実際は逆だった。10月以後、ボルシェヴィキはレーニンの「国家と革命」の思想を導入できなかっただけでなく、実際には正反対のことを導入していた。ある歴史家は次のように述べている。

3. ロシア革命は前衛政党が機能することを確かに証明しているのか?

 証明していない。全く逆である。前衛主義の歴史を見れば、前衛主義は成功せず、失敗に終わっていることが分かる。実際、「民主的中央集権主義」の提唱者たちが指摘できるのは、自身のモデルの唯一の明白な成功例、つまりロシア革命だけである。レーニン主義者は、前衛党の利用に失敗すれば、必然的に、将来の革命を失敗に終わらせることになる、と警告する。

The Mental Patients Union, 1973

Press coverage of the Mental Patients Union

Historical information about the Mental Patients Union, formed in London in 1973 to oppose psychiatric oppression, written by Past Tense.

The global industrial working class: interview with Immanuel Ness

Bangladeshi garment workers' protest, 2013.

Interesting interview with Immanuel Ness, author of Southern Insurgency: The Coming of the Global Working Class, about the present and future of the world's industrial working class who argues that, rather than shrinking, the global industrial working class is bigger than ever and, moreover, that we can expect larger political struggles to come in the future.